ポーター ヘルメットバッグ


僕の職種は普段着OKな業界なため、ドレスコードはかなりユルいです。

普通の会社だと、たとえ普段着OKでもTシャツ、ジーンズ、サンダルNGといったところが多いのに、ウチの職場は何でもOK。

破れたジーンズだろうが、ローリングストーンズのTシャツ(ベロのアイコンね)だろうが、サンダルだろうが何でもOKなユルい職場です。

んなもんで前の会社で使っていたブリーフケースが大分くたびれた上に不要になったので、さっさと廃棄して気分新たに新しいバッグを物色していたわけです。

初吉田カバン、初ポーター

普段着通勤なんで、バッグなんか何でもいいといえば何でもいいんだけど…..とネットを眺めていたら、ポーターのヘルメットバッグが目に留まりました。

ポーターというと、なんとなく20代サラリーマンがスーツに斜め掛けしているイメージがあって無意識に避けていたのですが、もう真面目なブリーフケースが必要じゃなくなった僕にとって、このミリタリーテイストたっぷりなタンカーシリーズがやけに新鮮に映ります。

helmetbag

しかも新色?のシルバーがそこまでミリタリー色が強くなさそうだし、普段使いでも主張し過ぎない感じがするので早速注文。

翌日には到着です。僕にとっては今回が初吉田カバン、初ポーターです。

しかし最近はネット通販が当たり前になったせいか配送も早くなりましたねー。

特に特急料金払わずとも翌日配送が当たり前になりつつあります。(その裏には運送屋さんの熾烈な競争があるのでしょうが)

porter1

ポーター 2wayヘルメットバッグ シルバーの全景です。

色が悪いのはzenfone5のカメラのせいなのでご勘弁を。

porter3

MA-1をモチーフにしているので、裏地がオレンジ。

このクリアポケットは取り外し可能。今のところ取り外す理由もないのでそのまま使います。

反対側(写真の開口部下側)には、スマホや小物を入れる内ポケットが2つ。

スマホを放り込むのにちょうどいい大きさ。

porter2

ポーターのロゴ。(あんまり意味は無いです)

内部はあまり小分け出来るような作りにはなっていません。が、このバッグは適当に放り込んで使うのが一番便利。

しかし、何でも入るからといってバッグがパンパンになるまで入れると、バッグ自体にはフレームが入っていないので、ハンドルが釣って情けない感じになってしまいます。程ほどにしましょう。

いやー、しかしこのシルバーはいいですね。

セージグリーンも捨てがたかったんですけど、もう少しミリタリー風味が薄いほうが好みだったのでこの色にして正解でした。

今の仕事は客先に行くときでも普段着でOKなんですが、ごく稀に綺麗目の格好でいかなければならないときがあります。

しかしこのヘルメットバッグ、意外とスーツ姿でも違和感がありません。

銀行員が外回りの時に使っても違和感無いかも。いやそれは言い過ぎか。