ナイキ エアマックス インビガーを買ってみた


僕はどちらかというとハイテクスニーカーよりもニューバランスのM996とかアディダスのスーパースターとか、クラシックなローテクスニーカー派。

ハイテクスニーカーって、選び方を間違えるととたんにオタクっぽくなるのと、流行り廃りも激しそうだし買って数年で履けなくなるのもイヤでなんとなく今まで避けていた。

ところが先日、たまたまABCマートの前を通ったときに目にした黒いナイキのスニーカー。

なぜかこのエアマックス95風のデザインに挽かれてしまった。

もしかしたらwear.jpで同い年ぐらいのオジサンが格好良く履きこなしていた画像が記憶に残っていたのかもしれない。

いままでなんとなく避けていたハイテクスニーカーだったけど、思わず衝動買いしてしまった。

エアマックス95をモチーフにしたデザイン

今回購入したのは、ナイキ エアマックス インビガー(INVIGOR)というモデル。税込み9,720円也。

エアマックス95風だな~と思っていたら、店員さんが言うにはエアマックス95をモチーフにデザインされたモデルとのこと。納得。

サイドの5本の凹凸?が単色系の色味の中に表情が浮き上がってきて高級感を出してくれる。

ここに下手にプリントやスウッシュロゴが入るより、凹凸で表情付けたところがいい。

ヒールの部分が合皮+刺繍になっているのが面白い。

ヒールのエアクッションがエアマックスシリーズの特徴であり顔である。

今となってはこういう構造は珍しくもないが、発売当時は斬新だった。

ソールはフロント部が白くヒール側が黒いが、横から見るとソール全体が白で、アッパーの黒と対比させている。

サイズ感

そこはナイキ、全体的にWidthは狭めだ。

僕の足は革靴だと25.5cm、ワイズは2Eでちょっと幅広な日本人足である。

このエアマックス インビガーだと、26cmでつま先は大丈夫だけど幅が狭くて小指が窮屈になる。

26.5cmだと親指先が少し余るが、幅がちょうど良い感じ。

ちなみに27cmも試着してみると、サイズ感は大丈夫だけど、鏡で見ると靴が大きくて全体バランスが悪い。

なので今回は26.5cmを購入。

オジサンでも全然OK

こういったハイテクスニーカーって若者が履くもの、ってイメージがあるけど、使い方さえ間違えなければオジサンでも全然OK。

早速履いてみたところ。

なんといってもナイキのエアマックスシリーズはシェイプが絶妙だと思う。

履いたときの見た目が非常にスッキリする。

黒のスキニーパンツと合わせると、多少お腹が出てるオッサンでも2割増ぐらいカッコよくなるのでオススメ。(笑)

やはり食わず嫌いはダメだな。

ハイテクスニーカーを避けている人にこそオススメ

スニーカーと言えばABCマートや靴流通センターのワゴンセール品の中から適当に選んでいる、というオジサンも少なくないが、ああいうセール品は処分品なのでどうしてもデザインがいただけないものが多い。

もちろんスポーツシューズメーカーのものなので機能的には全く問題無いが、どうせ街履きにするならオシャレなスニーカーのほうがいい。

スニーカーなんてどれを選んだらいいか見当もつかない、という人にこそ、このインビガーはオススメ。

色が黒なので黒系のスキニーと合わせれば足長に見えるし、細目のパンツと相性がいい。

ホワイトスニーカーが欲しいけど周りと同じスタンスミスじゃイヤだ、という人はインビガーのホワイトもオススメ。

おしゃれ女子が履いているのをよく見かける。

個人的にはこのコバルトブルーのインビガーも惹かれる。

昔は尋常じゃないエアマックス人気で手を出すのが憚られたけど、今じゃ更に進化したエアマックスが1万円もせずに買える時代になって隔世の感がある。

デザインもさることながら非常に履き心地がいいので、最近は会社から2駅分(約3km)をウォーキングして帰るようにしている。

これでお腹が凹めば一石二鳥なんだけどね。