生命保険をFPに相談して見直したら、年間10万以上保険料を節約できた話


昨年の医療費が10万円を超えた(!)ので、面倒だけど確定申告の準備をしていたときのこと。

そういえば生命保険が来年更新でこのまま行くと保険料が上がるなぁなんて考えていたら、そもそも今入ってる生命保険って果たして今のライフスタイルに合っているんだろうか?って素朴な疑問が沸いてきた。

そんなとき、ネットの広告でファイナンシャルプランナーが保険相談してくれるサイト「保険のマンモス」というのがあったので物は試しで申し込んでみた。

結果から言うと、今の保険を見直したら保障を厚くした上に年間10万以上節約することが出来たので、もし今の保険料に不満を持っている人の参考になればと思い、その経緯を紹介しよう。

生命保険にはモデルケースが無い

そもそもなぜ保険について相談しようと思ったのかと言えば、今加入している生命保険、医療保険が自分に合っているのかどうか正直わかっていなかったから。

自分の入っている保険が合っているかどうかわからないなんて社会人失格と言えばそうなんだけど、生命保険って死んだときのことををリアルに考えなければならない(実際は死んだ後のことだけど)ので、なんとなく避けてたんだよね。

で、子供が出来て小学校とか通うようになってくると、この先の教育費用とかなんやかんや金がかかりそうなのが確実な状況で「今、自分が死んだらどうなっちゃうんだろう?」って考えるようになった。

今頃かよ!と言われそうだけど、僕はあまり先のことを考えたくない性格なもので、嫌なことを先延ばしした結果がこれだ。

今の生活は苦しいわけじゃないけど、かといってがっつり貯金出来るほどでもなくて、将来に対する漠然とした不安がありながらその日その日を暮らしている。

同世代の友人に「今、いくらぐらいの保険に入ってる?」って聞いたところで、子供の数とか年齢とか住宅ローンの残金など、人によって必要な保障額が違うから全然参考にならないんだよね。

そう、生命保険にはモデルケースというものが存在しない

そういうのもあって、第3者的立場から保険を見直してくれる人に相談してみようかな、と思ったのがきっかけ。

保険相談の予約

保険のマンモスで面談申し込みすると、面談場所に近い担当者から申し込み時に指定した連絡先(自分の場合はメール)に連絡がくる。

自宅に来てもらってもいいんだけど子供達が騒がしいので、最寄り駅近くの喫茶店でお願いした。

ちなみに保険のマンモス自体は保険会社ではなくただのポータルサイト。ファイナンシャルプランナー(FP)資格を持つ保険代理店と繋いでいるだけだ。

つまり保険のマンモスはネット上で保険見直しする見込み客を集めFPに紹介し、FPは見込み客を紹介してもらった手数料を払っていると思われる。

面談は仕事が終わってから19時以降でも対応してもらえるのがありがたい。

あ、喫茶店での面談は自分の飲み物は自分持ちです。

1回目の面談

最寄り駅近くの喫茶店で待ち合わせして担当FPと面談。

こういう出張保険相談をやってるFPはほとんどが独立系保険代理店だ。

独立系保険代理店は、様々な保険会社の商品を扱っているので、単一生保の営業マンと違い比較的第三者的観点で保険診断してくれるのがメリットだと思う。(まぁそれでも売りやすい商品やコミッションのいい商品があるのだろうから、100%客観的な視点というわけではないだろうけど)

1回目の面談では、家族構成、収入、家計の負債状況(住宅ローンなど)をヒアリングし、それから子供の教育費用、老後資金についてFPと一緒にざっくりシミュレーションする。

例えば、子供が2人いてオール私立で大学まで行かせるのかそれとも公立で考えるのかとか、老後の資金は何歳までにいくらぐらい用意するのかとか、ざっくりとしたライフプランを想定して、もし今僕が死んだらお金がいくら必要なのか?という視点で考えていく。

必要な生活費のうち、遺族年金でここまで賄って、預貯金でここまで賄って、足りない部分は保険でカバーするように設計しましょうとか。

子供はオール私立で僕らは65歳までに1億円ぐらい預貯金が出来れば最高だが、当然ながらそれを実現するには見合った収入が必要なのは言うまでもない。ウチには絶対無理だ。

こういうのは細かく考えるとキリが無いので、適当なところで夢はカットし、希望は妥協してしまおう。そうすれば将来必要な費用がざっくりと出る。

あとは「月に負担できる保険料は××円ぐらい」という希望を伝えると、FPが次回面談までに保険会社の商品の中から今の自分に適した保険を提案してくれる。

と、大分駆け足で書いたけど、実際にはヒアリングの中で家計の中のムダや見直しすべきポイントについてもあれこれ指摘してくれるので、家計にムダがありそうな人は、保険と合わせて相談してみるといいだろう。

次回面談の日程を調整して1回目の面談終了。次回は僕の都合で1週間後にセッティングした。

2回目の面談

前回ヒアリングした内容をベースにFPが数種類の保険をピックアップして設計してくれる。

今入っている保険は、独身時代に職場に出入りしていた保険のおばちゃんから半ば強引に進められて入った保険で、若い時には安い保険料で加入できる更新型のやつ。

30代半ばぐらいから更新の度に金額が上がっていくんだけど、子供が生まれていろいろと物入りになると正直保険料の負担が重く感じていた。

そのため、保険更新時には保障内容を削って月額保険料を更新前と同等に抑えるという、年齢が上がって医療リスクが高くなるのに保障を削るという本末転倒な保険になっている。

今回のFPが提案してくれたのは、終身型の保険で同じ月額保険料で保障が続くタイプ。

月額保険料が今の半分になるのに保障は今よりも厚くなるという、一体今まで入ってた保険は何なんだ?と思うぐらい。

これだったら、今死んでも子供達を大学まで出すぐらいは残せそう、って感じに保障が厚い。

一応、家内とも相談したいので1週間程度時間をもらうことにした。

自分の保険なので自分で勝手に決めてもいいんだけど、月々の保険料は家計から出しているんで奥さんと相談した上で進めたほうが角が立たない。これかなり重要。

3回目の面談(契約)

2回目の面談のときの提案内容でほぼ乗換えを決めていた。だって月額保険料が今より安くなる上に保障が厚くなるのだから乗り換えない理由はない。

なので、前回もらった提案書について疑問はメールでやりとりしてほぼ解消していた。

だから3回目の面談は、保険の最終確認と申込書の記入、必要書類の準備についての打ち合わせがメイン。

僕は去年、胃のバリウム検査でポリープが見つかって内視鏡検査を兼ねてポリープ切除したのだが、このときの病理検査で良性腫瘍だったことについて診断書が必要とのこと。

また生命保険では簡易健康診断(血圧、尿検査)を受けなければならず、それらの手続きに必要な書類をもらう。

以前、内視鏡検査したクリニックに行ってポリープ切除時の診断書を作ってもらって、ついでに血圧測定と尿検査をしてもらう。

あとはその書類と申込書の記入漏れが無いことを確認してFPに送るだけ。

現在の保険の解約

必要な書類を揃えて保険申し込みをしてしばらくすると担当FPから保険審査が通った旨の連絡がくるので、それから今の保険の解約手続きを行う。

実はこの順番が大事で、加入予定の保険審査が通る前に解約手続きをしてしまうと、仮に保険審査が通らなかった場合は無保険状態になってしまう可能性がある。だからあくまでも加入予定の保険審査が通ってから解約手続きをすること

長年お付き合いしてきた生保レディに保険解約を告げるのは嫌なものだが、かと言って生保レディが僕の医療保険を面倒見てくれる訳ではないので、ここは自分と家族のために淡々と解約手続きを進める。

当然、解約を阻止するためにいろいろ説得されるのだが、加入予定の保険の概要を伝えたら、それよりもいい条件の保険提案(保険商品)ができないのでそれ以上説得されることは無かった。

独身だったらお付き合いでそのまま加入していたかもしれないけど、今は自分だけの体じゃないんでこればかりは仕方が無い。

解約申込書をもらい記入~返送して一件落着。

まとめ

「今入っている保険は自分にとって合っているのかいないのか?」をただ聞いてみたかった、というのが元々のきっかけだったけど、結果的に月額保険料が9千円近く下がった上に保障を厚くできたので相談して本当に良かったとしみじみ思う。

このまま更新型を続けていたら、子供が進学してお金が一番かかるときに保険料も高くなるという二重苦を味わうことになりかねなかった。そうなるともう何のための保険なのかわかんなくなってしまう。

今回相談して思ったのは、保険は正しい知識が必要(いまさら)だけど、かと言って個人で一から保険を勉強するには間口が広すぎるので、こういった無料保険相談を使うのが手っ取り早いってこと。

面談の2時間があれば、生命保険と医療保険の仕組みの概要と、今の保険のトレンドや売れてる保険とその理由ぐらいはきちっと教えてもらえる。

おまけ

僕はキャンペーン中に申し込んだのでJCB商品券もちゃんと頂きました。

ただ、今の保険が高いか安いかよくわからなかったり、保障内容がライフプランに合っているのかどうかチェックしてみたかったら、キャンペーンの有無に関わらず相談したほうが結果的にお得だと思う。

だって保険を見直して月額保険料が下がれば、キャンペーンで貰える数千円の商品券分なんかひと月で取り返せるのだから。

ということで、浮いたお金で家族で回らないお寿司でも食べようと思う。(笑)

無駄な保険ではイザという時、あなたの家族を守ってくれません。節約と安心の保険のために保険マンモスの無料保険相談