adidas DURAMO7を買ってみた


僕は以前、週2~3日、1回5~8km程度ジョギングしていました。

「していました」と過去形なのは、1年前にギックリ腰をやってから走ることから遠ざかってしまったからです。

当然ながら、山に行っても以前と比べ歩行スピードが遅くなったのを実感します。

週4で5km走っていたときは、同年代の友人と富士山に登ったときもほとんど息があがらずあっさりと頂上に着いてしまい、5kmと言えど習慣にしてしまうと結構な持久力になるんだなぁと当時は思ったものです。

んなもので「これはいかん」とジョギングを再開した訳ですが、どうも以前から使っていたシューズadidas ZEROの具合がよろしくない。

ソールがカッチカチに固くなってしまい、走ると衝撃が膝に直撃するのです。

見た目はまだまだイケるのですがソールが固いとどうにもならないので新しいシューズを物色することに。

スポーツオーソリティへ

まるでこのタイミングを見透かしていたようにスポーツオーソリティからセールのお知らせが届きました。(笑)

ここ、セール時の割引がいいのと、1万円以上は更に20%OFF(1万円以下は15%OFF)なので結構お得なのです。

そういえば前のアディダスZEROもここで買ったんだっけな。

と言うことで子供のサッカーシューズも一緒に買うために近所のスポーツオーソリティへ。

僕はシリアスランナーじゃないですし、5km/30分程度のファンランナーなのでそこまでシューズにお金かけるつもりはありません。

適当に物色していると、アディダスのデュラモ7が\4,612(税抜)と安いじゃないですか。

adidas_DURAMO7

まぁこのモデル自体が廉価な設定なので元々安いんですが、\5,000以下で買えるのは超魅力的です。

さすがにこの値段なので色とサイズが欠品してきていますが、その中からブラック×イエローの26.0cmをゲットしました。

adidas DURAMO7

adi_duramo7

adi_duramo7_sole

僕の足は正確に測ると25.5の2Eで、前のadidas ZEROはシングルEのため横が少し当たる感じでした。

でもまあ使っているうちにフィットして気にならなくなりましたが、このDURAMO7は3Eなので実にフィット感がいいです。

ランニングシューズというよりトレーニングシューズに近い感じ。

実際ジョギングだけじゃなく子供とサッカーの練習するのにも使おうと思っているのでちょうどいいですね。

実際に履いて走ってみると、走力が落ちまくっている今の僕には優しすぎるぐらいのクッションで久しぶりのジョギングなのに走るのが苦しくない。(笑)

この値段なら買い替えも躊躇せず出来そうなのでいいですね。

お金を出せばいいシューズはいくらでも手に入るけど、安くていいシューズってサイズが無かったり、好みの色がなかったりと、なかなか気に入ったものが買えないものですが、このDURAMO7はコスパがいいです。

久しぶりにいい買い物した気分です。

———-

と、これを書いているときに米国のスポーツオーソリティが破産法の適用を申請したとのニュースを見てびっくりしました。

日本のスポーツオーソリティはイオンとの合弁事業で、米国スポーツオーソリティは20%程度の株式しか持っていないみたいなので恐らく経営破綻の影響は無いんじゃないかと思います。

破産法11条は日本で言うところの民事再生法なので、今後は裁判所の指定する管財人と共に債務整理+リストラをしながら再建の道を辿るのでしょう。

米国本社は日本法人の株式は売却しちゃうんじゃないかな。

そうなると100%イオン出資の会社になっちゃうから名前も変わるんですかね?