コンバース キャンバス ハイカットにインナーソール入れてみた


CONVERSE ALLSTARのハイカットって昔からあるのに、全然古臭い感じがしませんよね。

しかも安い。

スタンダードなキャンバス地のハイカットであれば量販店で3千円台で売っているのも懐に優しくて大変よろしい。

学生時代のときから何足も履きつぶしてきましたが、未だに1足は常に所有しています。

ファッションアイコンと化しているコンバースのキャンバスハイカットですが、唯一の欠点が「ソールが薄くてすぐに疲れる」ことではないでしょうか。

ソールが薄いというか何のクッションも入っていないので、スニーカーに分類されるにも関わらず歩くうちに足が痛くなってくるという、スニーカーにあるまじき性能です(笑)。

靴の中でどこか当たるという訳ではなく、ソールが薄くて固いためか、地面の固さが足裏と膝に直撃するんです。

だからこの靴で長距離を歩けない。

まぁ安いから仕方がないと思う反面、今までよく改良もせずここまで来たものだと逆に感心してしまいます。

元々、ウォーキングで使う靴ではありませんが、せっかくならお気に入りのハイカットで疲れずに歩きたいです。

インナーソールを入れてみる

ということで、コンバースにインソールを入れることにしました。

しかし、売値3000円台の靴に1000円以上もするインナーソールを入れるのもどうかと思うので、ここは庶民の味方ダイソーでインソールを調達します。

innersole1

ヒールの部分がカップソールになっているインソール。108円也。

innersole2

裏はこんな感じ。

まぁ、市販のちゃんとしたインソールに比べればちょっとアレですが、一応低反発素材っぽいですし、108円なので良しとします。

innersole3

これを靴のサイズに合わせてハサミでカットします。

僕のハイカットは26.0cmなので、ソールの裏にあるカットラインに沿ってハサミでジョキジョキと切っていきます。

どうせ靴の中に入るのであまり神経質にならずにザクザクと切ってOKです。

innersole4

靴の中に入れた状態。(すみません、ピンボケで)

早速履いてみると…おぉ~、これはいいかも。

インソール無しに比べて明らかにソールのクッションが効いています。

もちろん、ナイキやアディダスのハイテクランニングシューズに比べるとどうしても劣ってしまいますが、108円でこの効果なら全然アリです。

お手軽カスタム、お勧めです。