一気飲みって何が面白いの?


cheers

以前から不思議に思っていたことの一つに「一気飲み」があります。

コンパ、新人歓迎会、サークルの飲み会など、今でも居酒屋に行くと時々見かけるアレです。最近ではアルコールハラスメントなんていいますね。

あれって、一体何が楽しいんでしょう?

酒を大量に飲めることがそんなにスゴいことなんでしょうかね?コーラを大量に飲めることを自慢するのとかわりが無いぐらいにしょうもないことだと思うのは私だけでしょうか?

アルコールが入っているものをたくさん飲めるのがスゴいじゃねーか、という人もいますが、酒に強い・弱いは生まれつき持っているアルコール分解酵素(アセトアルデヒド脱水素酵素)のタイプによって強い/弱いが決まるので、それは本人の努力でどうにかなるものではありません。

酒が強い・弱いは先天的なものなので、背が高い・低いこととあまり変わりないと思うのですよ。なので、一気にジョッキを空にして「おー」と言うのは、背の高い人が出てきて「おー」と言っているのと大差無いと思うのです。

昔はアルコールの知識が少なかった

アルコールの分解作用機序がよくわかっていなかった昔は、酒は飲めば飲むほど強くなると信じられていました。

そのため、宴会などで酒をたくさん飲める人は「数々の酒席で飲んで吐いてと修羅場を潜り抜けてきた人」という、ある種の暗黙の称賛がありました。今でも体内でアルコールがどのように分解されるのか知らない人は、「酒は飲めば飲むほど強くなる」と今も信じています。

僕自身は飲めない方ではありませんが、自分のペースでゆっくり飲みたいタイプです。他人に飲むペースを強制されるのが大嫌いです。

学生時代、サッカー部のコンパで先輩からイッキを強要させられて断ったぐらいです(笑)。

「なんだそのくらい」と思われるかもしれませんが、体育会系は先輩の命令は絶対です。断れば鉄拳制裁は免れません。案の定、「生意気だ」と先輩には殴られたりもしましたが、当時の僕は無理矢理飲まされるよりは殴られる方を選ぶぐらい嫌でした。

やがて「アイツが宴会にいると白ける」「アイツはノリが悪い」と宴会にも呼ばれなくなり、酒が強い連中とは溝ができたこともあって退部しました。サッカー自体は好きだったのでプレースタイルや内容で批判されるのは構いませんが、ピッチの外でのことでギクシャクすることに耐えられなかったのです。

中には僕のように断ることが出来ずに無理矢理飲んで、救急車で運ばれたりする人もいましたね。今思えばよく死亡事故が起きなかったものだだと、今でも思い出すと背筋がぞっとします。

その後、とある電機メーカに就職しましたが、そこでも同じように歓迎会や会社の飲み会では新入社員への一気飲みコールが当たり前のようにありました。

今までの経験から、宴会で一気飲みを言い出す人は大体こんな人です。

  • 元々お酒が強い
  • トークの引き出しが少ない
  • お調子者気質

本来、お酒の席はお互いのことをよく知るためのコミュニケーションの場として使うべきなのですが、トークの引き出しが少ない人ほど会話を楽しむことが出来ません。そのため体を張った芸(酒をたくさん飲む)に頼るしかなく、手っ取り早く盛り上げる手段として一気飲みを言い出します。

そこでも僕は一気飲みを拒否したところ、案の定「空気の読めない奴」「場を白けさせる新人」と言われずいぶん虐められました。

「一気飲みをしないぐらいで会社に居場所が無くなるなら、そこは僕の居場所ではない」と思い、この状態が続くようなら退職しよう、とまで考えていたぐらいです。

幸いにも入社した会社は、酒が飲めることよりも仕事が出来ることが評価される普通の会社だったので、退職することなくそこそこのポジションを任されるようになりました。

ちなみに当時の「イッキ強要先輩」は後輩に昇進を追い抜かれ、かつて宴会でイッキ飲みさせた後輩は上司になり、その境遇を受け入れられずに退職していきました。

また「イッキ強要課長」もその後部長職に昇進できないまま役職定年となり、今は私の下でシニアスタッフとして働いています。酒飲む以外に仕事が出来ず処遇に困っています。

”酒が強い”という価値観の変化

アルコールの分解作用機序がわかっていなかった昔は、人よりも酒が強いとそれだけで一目置かれました。

一方で大酒飲みは、家庭や家族を顧みず、有り金をすべてお酒につぎ込み酒中心の生活で身持ちを崩していくこともしばしばでした。

それでも「男は酒が飲めてナンボ」的な価値観がつい最近まで社会に根付いていたように思います。

しかし、現在では飲酒許容量はアルコール分解酵素(アセトアルデヒド脱水素酵素)のタイプによって決まることがわかっており、生まれながらに酒に強い/弱いが決まってしまいます。本人がいくら努力しようがアルコール分解酵素のタイプを変えることは出来ません。

筋肉隆々の人が、肥満やガリガリな人をバカにするのは好ましいことではありませんが、まだわかります。肥満は努力すれば痩せられますし、ガリガリな人は努力することでマッチョになれるからです。努力によって現状を変える余地があります。

しかし酒が強い人が酒の弱い人をバカにするのは、努力によって変えようが無いことをあざ笑うことに他なりません。言ってみれば容姿をあざ笑うのと何ら変わりがありません。

早くこの「一気飲み」という悪習が無くなり、若者の急性アルコール中毒による被害が一人でも少なくなる社会となることを願ってやみません。